• ホーム
  • 性病の感染源を理解して予防しよう

性病の感染源を理解して予防しよう

悩んでいる男性

性感染症はSTDとも呼ばれ身近に潜むものです。
その種類は梅毒、淋菌感染症(淋病)、性器クラミジア感染症、性器ヘルペス、尖圭コンジローマなどがあります。
その病原体と感染経路です。
梅毒の病原体は梅毒トレポネーマ、感染経路は性的接触を介する皮膚や粘膜の病変との直接接触となっています。
淋病や性器クラミジアなどの他の感染症も病原体の違いはありますが感染経路は性的接触を介する皮膚や粘膜の病変との直接接触が主な感染原となり、これには経口感染も含まれる為にこれを日常生活で予防するというのは方法が限られてきます。

まず、予防の第一は、当たり前の事なのですが決まったパートナーとのみ性交渉を行うということです。
これらの感染症のほとんどが不特定多数の相手との性交渉によって感染していき、またオーラルセックスでも感染する為コンドームなども意味を成しませんが、空気感染をする様なものでもありません。
ですので感染していない事が前提ですが特定の相手とのみ性交渉を行うという事はそれだけで性感染症の予防となるのです。
もちろん潜伏期間の問題もありますし自分だけが気を付けても仕方がない事なのでパートナー共々注意する必要があります。
また女性の場合ですと生理期間中に温泉に入ることで感染する事もありますので生理期間中は温泉を控えるなどの注意が必要です。

決まったパートナーとのみ性交渉を行うという当たり前の事でそのほとんどが予防出来ます。
しかし、何事にも完全に防げるという事はありませんので、もし感染してしまった場合はあれこれ悩んだりせずにパートナー共々なるべく早く医療機関を受診し適切な治療を受け、その次の感染を防ぐという措置をとる様にしましょう。