• ホーム
  • 性病の感染リスクと予防・治療方法

性病の感染リスクと予防・治療方法

患者を診ている医者

性病は様々な物があります。
女性特有な物としてはカンジダ真菌症があります。
これは男性との性交渉で感染する事もありますが、体調不良や体力の低下でなる場合もあります。
風邪を引いたり、膀胱炎を起こしたときに飲む強い抗生物質を服用する事により、膣内の良い菌まで死滅させてしまい、カンジダ真菌症を引き起こすことがあるので女性は特に太一良管理が必要になります。

性病にはカンジダ真菌症・トリコモナス炎症・クラミジア感染症・淋病・梅毒・エイズ・肝炎などがあります。
これらの感染症は男女どちらかが保菌していると感染しやすくなります。
リスクとしては女性はおりものの増加やかゆみ、悪臭になり放置しておくと腹痛や微熱になりますし、悪化すると不妊になる可能性もあります。

男性は症状が出にくいですが、尿道炎、排尿痛が起こります。
悪化すると精子の通り道が閉鎖され、精子が作れなくなり無精子症になったりします。

梅毒にかかると神経障害を起こす場合がありますし、勃起障害になる事もあります。
予防としては、性的接触をしない、感染していない特定のパートナーとのみ接触する、もしもの事を考えてコンドームを使用する事がとても大切になります。
どちらかが感染症にかかった場合にはパートナーと一緒に治療してその間は性交渉を持たない事が大切です。
治療方法としては女性は婦人科に行き検査を受け、検査結果で引っかかった性病にあった治療を必要とします。
膣洗浄、膣剤挿入、かゆみ止めなどが有効になります。

医師の説明を聞き完治するまで続けることが必要です。
男性は泌尿器科か性病科で検査してもらう事ができますし、パートナーと婦人科へ行く事もできますので恥ずかしがらずに診察を受ける事が大切です。
完治するまでしっかりと治療しないとまたすぐに性病になるので注意が必要になります。
早期発見、早期治療と予防が必要です。

サイト内検索
人気記事一覧